ドット絵こんばーたがすごい

最近、ドット絵こんばーたというイラストをドット絵に変えるツールが流行ってまして

このツールが兎に角凄いんですよ。


私は昔、ドッターになりたくてドットをぽちぽち打ってた時期があったんですが

その手間を考えると凄い楽で便利だと思います。


色々な人のドット絵を見て思ったのですが

ドット絵に向いているイラストとそうでないイラストがあるんですよ。

人によってはゲームボーイカラー美少女ゲームのようなドット絵になるものもあればお絵かき掲示板で描いたようなものになるものと様々あります。

お絵かき掲示板で描いたみたいと言ってもクオリティが低いというわけではなく

上手い人が描いたようなイラストなんですよね。

ただ、この違いはなんなのかは気になります。


イラストのドット化と来たので次は素体に組み込みドット絵を動かせるというツールが生まれ、ドット絵のゲームが増えると思います。

どうしても、3Dに比べドット絵は手間がかかるという問題があるので

その手間を省いたらどうにかなるのではという考えです。

増えろ、ドットゲーム。私からは以上です。


宮崎駿と働くチャンス

宮崎駿監督が復帰されましたね。

引退されてる間、やりたい事をやっていたらしいのですが、やっていくうちにドンドンアニメ制作をしたくなったのでしょうか、

1クリエイターとしてもファンとしても嬉しいです。


長編アニメを制作に辺り人材の募集を始めました。

待遇を見てみるとやはり天下のジブリといった感じで他のアニメ会社よりいいですね。

(私の初任給より遥かにいいです)


しかも、新人の育成を前提にしているので

3年という契約期間になりますがジブリで働いてたことは圧倒的財産になると思いますので…

若くて業界で生きていく人は応募した方が絶対いいと思います。


ストレスと嫉妬について

就活が忙しくて絵が全然描けなくて本当に辛いです。

他のことをしてストレス発散を試みますが創作のストレスは創作でしか発散出来ませんね…。

あと何が一番辛いかと言うと自分が蒔いた種とは言え半年近く絵をまともに描けてなく

実力も相当落ちてると思います。

私は天才ではないので戻すのに1年はかかると思います。

 

一年で実力が戻るのはまあいいんですが、その間に周りに凄い離されると思うんですよ。

今でさえ周りに大きく離されてるので、これ以上話されるのが辛く悲しく妬ましいです。

 

早く就活を終えて絵を描きたいです。

 

向上心について

私がブログを始めたきっかけになった

どうもさんって方の記事を読んでいたのですが

その中で向上心がない人は物事に飽きやすいという事が書かれていて

自分の中での悩みが解決しました。

 

最近、ポケモンにしろ絵にしろ全然やる気が湧かないんですよ。

就活中で自制しているからだと思ってたのですが

そうではなく、今は明確な目標がなくなったんですよね。

(ポケモンは目標なくダラダラやってたのですが)

昔は大雑把ですが上手くなりたいという目標があったんですが、それがなくなり絵が途端につまらないものになりました。

その原因がなにか疑問に思っていたんですが解決いたしました。

 

目標を決めるのはいいんですが

その目標を達成した時に満足して飽きるという問題もあるので

ハードルが少し高い目標を何個も何個も用意しつつ楽しまないといけませんね。

シューカツは大変!

ゲーム会社のデザイナーになるのを諦めました!

正確には”今は”なんですが。

自分の中で期限を決めており、その期限までに就職に至らなかったので

今回は諦めて、なんでもいいんで正職に就こうと思っているんですが

なんでもいいから仕事に就く仕事を選ばないって難しいですよね。

 

取りあえず、選ばず片っ端から求人に応募し何とか就職します。

就職したら自分のやりたいことができるように勉強していく所存なので

どうか応援よろしくお願いします。

ポケモン買いました。

ポケモンのサンを買いました。

合間、合間にプレイしているんですが、中盤くらいまで進んでて

ストーリーも面白いんですが、Zワザやリージョンフォームといった新要素が

とにかく面白くポケモンはまだまだ進化し続けると思い新作への期待がさらに高まりました。

 

ポケモンといえば魅力的なキャラクターがたくさんいて、どれも愛らしく素敵ですよね。

今は外注でイラストレーターさんにキャラデザを頼んでいるケースが多くみられてて

ゲームフリーク内でキャラデザをやっているのか疑問に思いました。

ゲーム会社に就職してキャラデザや絵を描きたくて入った人って結構いると思うんですよ。

でも、当たり前なんですがゲーム会社なのでゲームを作るわけなんで

キャラデザをしたいならイラストレーターになった方が手取り早いのかと思いました。

 

私の場合はゲームを作りたいしドットも打ちたい、最終的にはコンセプトアーティストになりたいんですが、これもやはり外注に任せたりしてて、イラストレーターになったほうがいいのかと疑問に思います。

 

ドラクエ6の実況動画を見終わって

今日、しんすけさんのドラクエ6の実況動画を見終わりました。

僕はしんすけさんの動画作りや話やネタの仕込み方が好きでストレスなく楽しめました。

 

 7年前のドラクエ6モンスターズを合理的に実況プレイが一旦完結してその続編が今見てるシリーズになります。

当時はゲーム実況どハマりしてました。

面白い動画が沢山溢れかえり、みんな新しいことに挑戦したり、実況者を集めてラジオをしたりと兎に角熱かったです。

そのラジオのことを調べてみて、参加者の人達はゲーム実況を辞めてたり、忙しくて更新頻度落ちてたりと様々です。

凄い自分勝手なんですが、少し寂しいと思ってます。

その時は学生だったけど、今は社会人って人は沢山いますし、忙しいのは分かりますが

またみんなのゲーム実況動画みたいと思いました。